杉並大宙みたけ保育園

大きなヒマワリが咲いています!

3歳児のグループで「おおぞらばたけ」と呼んでいる裏庭に行きました。

ほんのちょっとの距離ですが、久しぶりのお出かけでみんなウキウキ。

おおぞらばたけの門をあけると目に飛び込んできたのは………!!

なんと、みんなの背丈の2倍以上もあるヒマワリでした!

2メートル以上に育ったヒマワリ
ヒマワリを見上げて

子どもたちは「おおき~い!」「たか~い」「宇宙にとどくよね!」など口々に感想を言ったり、ジャンプして高いところの葉に触れたりしていました。

このような身近な自然との触れ合いを大切にしていきたいです。

 

折り紙だいすき!

朝や夕方の自由遊びの時間に折り紙遊びを楽しんでいます!

折り方を見ながら作ったり、自分で考えて折ったり、糊・テープ・はさみを使ってアレンジしたり。

楽しみ方はどんどん広がっています。

ハサミを使って
丁寧に角をあわせています
のりやテープ、クレヨンでひと工夫

角と角を合わせてしっかり折ることが難しく、うまく形にならないこともありますが、それも「味」になって素敵な作品が出来上がっています!

作品「てんとう虫」
作品「クワガタ虫とメダル」
作品「クワガタ虫」

夏の楽しい思い出

8月3日に毎年恒例のスイカ割りをしました。乳児クラスのお友だちは保育士と一緒に棒を持ってスイカへと近づき、年長さんは一人ずつ自分の力でスイカを割っていきました。年長さんが前に出てきている時には、0歳から4歳のお友だちまで、沢山のお友だちがその様子を見守っていました。

大勢の前に出ることは少し緊張もしますが、その緊張以上にワクワクした気持ちに溢れていた子どもたち。

お友だちからもらった温かい応援も嬉しい経験でした。

お給食で頂いたスイカの味は、みんなで力を合わせたからこそ何倍もおいしく感じたようでした♪

この夏を通して一段と心も体も大きく成長している子どもたちと一緒に、今後の行事も楽しんでいきたいと思います。

 

雨でも楽しい!

幼児クラスでは七夕に合わせて沢山の製作をしました。

みんなで協力して大きな流れ星を作り、園内に飾りました。

自分で作ることの楽しさを感じています。

また、折り紙の作り方の本を見ながら「こうかな?」と折っています。

 

慣れてくると見ないでも折れるものも増えますね!

時の記念日~時計の製作~

いよいよ6月になりました。子どもたちも新しいクラスに少しずつ慣れてきて、毎日いろいろな遊びを楽しんでいます。

6月10日は「時の記念日」です。日本で初めて時計による時の知らせが行われた日だそうです。この記念日に合わせて、幼児クラスではクラス毎に「時計」を製作しました。

まず時計の「色」をみんなで相談して決めました。

1人ずつタンポを使ってトントントン・・・

周囲の飾りは折り紙で作りました。

5歳児さんはてんとう虫。

4歳児さんはチューリップの葉。

3歳児さんはチューリップのお花。

みんなの力を合わせて出来た時計がこちら。

素敵な仕上がりになりました。

野菜ってどうなっているのかな?

幼児クラスでは、ピーマンの観察や夏野菜などの種まきなどを行いました。

 

ピーマンのお話を給食室の先生から
教えてもらったよ

「ピーマンのにおいがするね」

「給食に出るんだって」

「どこに入っているかな?」

と会話が広がって

ピーマンの種は何個あるかな?

「小さいから沢山貼れちゃうね」

テープに貼ってみたら120個以上ありました。

「みんなの指の数より多いね!」なんて数比べもしていました。

 

園庭にも夏野菜やお花の種まきをしたので

「芽が出てきたよ」

「これ(ゴーヤ)って苦いんだってー」

などみんなで集まって話をしていました。

カブの種植えてみたよ!

みんなで成長を楽しみにしています。

もうすぐ子どもの日!

 

今年も元気なこいのぼりがたくさん勢ぞろいしました。

園庭、階段、廊下 色々な場所で 子どもたちのこいのぼりが泳いでいます。

子ども達の今年一年の成長を祈って、「およげ! こいのぼりさんたち!」

園庭で泳ぐこいのぼり
階段の踊り場で出迎えてくれるこいのぼり
3,4,5歳児の作品

子どものデザイン感覚ってすてきです!

幼児クラスの保育室をのぞくと、素敵な積み木のお城が目に飛び込んできました。
形はもちろん、ところどころに配置された赤・緑・青の積み木がなんとも効いていて、すてきです。
この後、友だちがぶつかってあっという間に崩れてしまいました。
こだわって作っていた男の子は、何事もなかったかのようにケロリ。すぐにまた作り始めていましたよ。