杉並大宙みたけ保育園

みんなで作ろう!

運動会に向けての制作、第2弾!今回は横看板と入退場門を作りました。

台紙は絵の具を凍らせた【氷絵の具】で作りました。絵の具が混ざっているためホロホロと崩れていくのですが。その様子を不思議そうに見つめる子どもたち。最後は両手でダイナミックに色を混ぜて、感触を色の変化を楽しみました。

たいようグループ(年長児)が人の型を作り、ゆき(年少児)・つき(年中児)グループで装飾をしました。たいようグループは自分の手を型にしたり、型紙をなぞってはさみで切りました。途中「もう無理だ…」と言うこともありましたが、最後まで諦めずに完成させました!

その姿を間近で見たこともあり、「かっこよくするぞ!」とやる気満々で絵を描いていたゆき・つきグループさん。完成すると「いい感じ!」と嬉しそうにしていました☆

また夏に作った滲み絵の作品も、バランスをよく見ながら貼っていましたよ!

土曜に控えた運動会が、より楽しみになっている子どもたちです。

運動会に向けて

 

運動会に向けて準備が始まりました。今回はプログラム制作!季節の食べ物を折り紙で作りました。以前よりも完成までの時間が早くなっていて、成長を感じました。『こう折ればこの形になる』というイメージが出来ているからこその姿だと思います。

まだまだ運動会を盛り上げるための制作が続きます。子どもたちの表現や成長した姿を見られるのが楽しみです☆

敬老の日のプレゼント

 

敬老の日に向けて、全クラスプレゼントを作り、隣の高齢棟にお届けにいきました。

ちょっぴり勇気を出して、「どうぞ」と手を伸ばしてお渡しする子どもたち。

幼児クラスの子どもたちは、事前に伝える言葉も準備し、

「これからも元気でいてください」と笑顔と言葉のプレゼントもしっかりお届けすることができました。

おじいちゃん、おばあちゃんの嬉しそうな笑顔に子どもたちも胸がほっこりした様子でした。

秋らしい飾り物を作りました
花束と笑顔もいっしょに贈りました

水遊びから広がる関わり

寒天、色水遊びでは、感触や色の混ざり色の混ざりを楽しみました。

「その色綺麗だね!どうやって作るの?」「太陽にあてるとキラキラする!」など、発見した事を共有して友だちとの関わりを深めていました。

川作りでは、みんなで協力して水路を組んでいました。見事ゴールまで水が流れると、「イェーイ!」と歓声が上がっていました☆ 協力するとすごいことができると知った子どもたちです。

待ちに待った水遊び!

子どもたちが楽しみにしていた水遊びが始まりました。水に触れる気持ちよさ、自分たちで作って遊ぶ楽しさを感じています♪

水鉄砲に水を入れるのが難しそうだったゆきグループさん(年少)。すると、たいようグループさん(年長)が「入れてあげるね!」と水を満タンにしてくれました。それを見習って、「手伝うよ」とつきグループさん(年中)も一緒に水を入れてくれました!

七夕に願いを込めて…

 

7月3日の七夕まつりに向けて、子どもたちと準備を進めています。

各グループに分かれて制作をすると、お友だちと手順を確認したり「その色素敵だね!」と話したりして、個性あふれる飾りが完成しました。工程が多い製作も、最後まで集中して取り組んでいた子どもたちの姿から、成長を感じました。

 

とけい作り

 

6月の「時の時の記念日」にちなみ、今年も3,4,5歳の子どもたちは、クラスごとに時計作りをしました。

色やデザインもクラスごとにそれぞれ話し合ってきめました。

協力しあって出来上がった時計は並べてみると個性豊か。クラスの雰囲気が表れています。

スポーツ教室

今日のスポーツ教室は「ルールを守って遊ぶ楽しさを知る」というねらいのもと、「お引越しゲーム」などを行いました。初夏のような空のもと、思い切り走る子どもたち。スポーツ教室も2年目の4歳児の子どもたち。改めてたくましさを感じさせてくれました。