杉並大宙みたけ保育園

お店屋さんごっこを開催しました

今年のお店屋さんは、美容院、病院、クッキー屋さん、ゲーム屋さん、劇場 が開店しました。ドライヤー、診察券、クッキー、劇場のチケット、コマ など、道具作りはもちろん、劇場では年長児が自分たちでストーリーも一から考えました。売り手役、お客さん役どちらも交代で楽しみました。

 

「おにはそと!」

今年も節分にむけて、幼児クラスでは、各クラスで鬼を製作。

その鬼にむかって思い切り「おにはそと!」と豆をまきました。特に男の子たちは大盛り上がり。

0歳、1歳、2歳クラスには鬼さん役としてお面をかぶり登場してくれました。

鏡餅をお届けしました

おもちつき会でついたお餅を鏡餅にし、お隣のおじいちゃん、おあばちゃんにお届けしました。

みんなを代表してお餅を届けた子どもたちは「どうぞ食べてください」と照れくさそうな笑顔ながらも

とても丁寧にあいさつができていて感心しました。

だいこん掘り、今冬も行ってきました!

近所の細渕農園さんのご協力のもと、5歳児年長グループが代表して、冬野菜の王様だいこん掘りに行ってきました。畑にはだいこんのほか、太いネギや白菜、里芋、人参もたくさん。太さや重さに圧巻! 大地の恵みに心もあったまります。

 

ダイナミックな表現力!

芋掘りを楽しんできた4才児クラスの子どもたちの描いた絵です

子どもたちがもつ力は、大人の想像を軽く越えるということにまた気づかされました。

生きるチカラや清々しさがみなぎっていて、観た人の気持ちをパッと明るくしてくれる作品です。

かけ声にも熱気を感じます!

今月17日(土)にせまってきたうんどうかい。年長の子どもたちが、年少の時から見て憧れていたソーラン節を披露します。練習中の子どもたち一人一人の表情からは、いよいよ自分たちができるんだ! という素直な喜びと誇りや照れくささが表れていて、見てる側の胸を熱くさせてくれます。

ダンスリゾートステージ開催!

七夕まつりを開催しました